水泳 ジャパン オープン。 競泳 松元克央 男子200m自由形で優勝 ジャパンオープン2日目

【結果速報】競泳/水泳ジャパンオープン2020

ジャパン オープン 水泳

👉 だからこそ今回は納得のいくレースではなかったものの「きょうのタイムで自信がなくなるわけではなく、それだけ練習が積めている証し」と手応えを感じていました。 4:00. 31 805 豊田壮 TEAM FUKUI• AL-ADAWI OMA 松本輝 明治大学 棄権 谷健友 中京清泳会 棄権 小松巧 郵船ロジ 棄権 小堀勇氣 ミズノ 棄権 男子400m 自由形 決勝• 81 荒木優介 SMBC 棄権 伊藤新盛 早稲田大学 棄権 長谷川卓哉 ダッシュ新潟 棄権 甲斐耕輔 ルスツリゾート 棄権 中尾駿一 山陽新聞社 棄権 山口慶矢 JPSC城西 男子100m 自由形 決勝 1. 8:04. 大橋悠依「シンプルに練習積めていない」. このほかの種目では女子400メートル個人メドレーで、大橋悠依選手が4分36秒27で優勝、男子100メートル背泳ぎで、31歳の入江陵介選手が53秒29で優勝しました。

ジャパンオープン2020競泳男子・結果速報・ライブ配信

ジャパン オープン 水泳

🤪 決勝のタイムが1年前に出した自己ベストより6秒余り遅いというみずからの現状についてレース後の取材でも「本来ならオリンピックが終わっている時期なのにと思うこともある」と漏らしました。 この日は代表入りの第一関門となる派遣標準記録も突破したが、「ちょっと持久力が足りなかった。

12

【結果速報】競泳/水泳ジャパンオープン2020

ジャパン オープン 水泳

🖕 15:33. 3:54. 35 寺門弦輝 セントラルスポーツ 競泳のジャパンオープン男子400㍍個人メドレーで 選手が優勝しました。 1:54. 全体3位で予選を通過した松元選手は決勝で、序盤から抜け出してレースを引っ張りましたが最後の50メートルはラストスパートで伸びを欠いて先月、更新した自身の日本記録には1秒69届かず、1分46秒82のタイムで優勝しました。 代表の (左)は8位でした。

16

ジャパンオープン (50m)

ジャパン オープン 水泳

☣ 1:48. 1:52. 27 男 子 200m 背 泳 ぎ 決 勝 名前 所属 タイム 1 入江陵介 イトマン東進. 競泳のトップ選手が出場する「ジャパンオープン」は、オリンピック会場となる東京 江東区の東京アクアティクスセンターで4日から4日間行われます。 2020年1月には前世界記録保持者・世界水泳2019の銅メダリストの渡辺一平を破り、さらに10月に開催されたインカレ水泳では2分07秒02という世界歴代5位のタイムで世界記録へあと0秒9と迫った。 7:55. 39 男 子 200m バタフライ 決 勝 瀬戸大也エントリー 名前 所属 タイム 1 本多 灯 ATSC. 3:57. また復帰できて幸せな気持ちと恵まれた環境が当たり前だと勘違いしていたという情けない気持ちでいっぱいだった。

20

競泳 松元克央 男子200m自由形で優勝 ジャパンオープン2日目

ジャパン オープン 水泳

🤩 ジャパンオープン2020競泳女子・結果速報・ライブ配信 ずっとスポーツ!. 3:49. 8:22. 08 ;border-radius:4px;transition-duration:. 04 男 子 50m 平 泳 ぎ 決 勝 名前 所属 タイム 1 山中 祥輝 ティラド 27. 1:52. 1:48. 82 村瀬亘紀 同志社大学 男子200m バタフライ 決勝 1. 今大会は所属先を自身とサポートスタッフで構成する「TEAM DAIYA」として、3種目にエントリーしています。 2008年大会では選手が200m決勝で2分7秒51の世界新記録を樹立した。

9

競泳 ジャパンオープン|スポーツ|テレ朝チャンネル

ジャパン オープン 水泳

🤙 松元選手の決勝のレースは先月、日本記録を更新したレースと比べるともともと課題としていた中盤だけでなく持ち味のラストスパートでもスピードに乗れていませんでしたが、結果は2位に1秒以上の差をつけての優勝でした。 59 男 子 400m 個人メドレー決 勝 瀬戸大也エントリー 名前 所属 タイム 1 瀬戸 大也 Team D. 会場は東京アクアティクスセンターです。 東京 江東区の東京アクアティクスセンターで開かれている競泳のジャパンオープンは、オリンピックの代表選考会となる4月の日本選手権の前哨戦と位置づけられています。

12

【競泳ジャパン・オープン】400メートル個人メドレー決勝成績 瀬戸のほか3人が五輪派遣記録― スポニチ Sponichi Annex スポーツ

ジャパン オープン 水泳

🤝 競泳のジャパン・オープンは、熾烈な五輪代表争いが予想される男子400メートル個人メドレーで、20歳の井狩裕貴(イトマン近大)が2位に食い込んだ。 15:35. 瀬戸選手は予選と決勝ともにスタート前にプールに向かっておわびと感謝を込めて一礼するしぐさを見せ、レース後の取材でも終始、神妙な面持ちでしたが、オリンピックの金メダルに強いこだわりも見せるなど久しぶりの実戦の中でアスリートの顔をのぞかせていました。

9